レーザー脱毛 の仕組み

ムダ毛 が濃い と悩む人は本当に多いと思います。
そして、ムダ毛に悩む人が一度は考えるのが“ レーザー脱毛 ”だと思います。

間違いのない、適切なレーザー処置をされれば長期的に
毛は生えてこないと、専門家からも報告を受けていると、
ムダ毛処理の開発・販売・サポートを12年間携わってきた
フラワーエピソードの代表榎本さんは言います。

フラワーエピソードとは、
ムダ毛をウブ毛に変えてくれる抑毛ジェル、
コントロールジェルME を販売する会社で、
榎本さんは東洋医学・鍼灸師であり、ロハス美容研究家であり、
そしてフラワーエピソードの代表として、
ムダ毛処理に関する知識・経験・知恵は日本でもトップクラスだと言われている方
なんだそうです^^

そんな榎本さんが
『失敗しないレーザー脱毛の選び方』のレポートが紹介されていました♪

レーザー脱毛に興味がある方は、
まずはレーザー脱毛のことを知ることから始めましょう!
ってことで、レーザー脱毛の仕組みについてご紹介したいと思います。


【レーザー脱毛 の仕組み】
レーザー脱毛は、
黒い色素(メラニン)だけに集中する波長のレーザーを利用し、
毛の根っこ、“毛根”に瞬間的高熱を生じさせて、
毛包や毛乳頭を焼灼することで、長期的に毛が生えてこない状態、“無毛状態”を
維持するという仕組みです。

※ここで注意しておきたいのが、長期的に生えてこないのであって、
 永久的ではないってことは頭に入れておきましょう!
 また生えてくる可能性は誰にもあるようです。

レーザーを当てると聞くと、ピカッと一瞬光るだけというイメージを持つ人が
多いんですが、実際は毛根を焼灼しているので、
ビリっと痛みが伴うこともあります。

さらに、レーザー脱毛で多いトラブルはやっぱり火傷なんだそうです。
レーザーの出力が強過ぎると、人によってはヒドイ火傷になり、
レーザーの出力が弱過ぎると、毛根を焼灼できず無意味な結果になってしまうんでうす。

なので、やっぱり、レーザー脱毛を行うエステや美容外科などに、
高性能なマシンはあるのか?
施術してくれる先生の知識・技術・経験は大丈夫か?
などをしっかりチェックすることも大切なんだそうです。

日本ではレーザー機器は下の3つの種類に分類されて
その扱いが法律によって定められています。
・工業用
・医療用
・一般家庭用

高性能、高出力、高精度で、脱毛を安全に行うっていう点からみれば、
『医療用レーザー機器』が一番望ましいそうですよ。
医療用レーザー機器はエステサロンでは扱うことができないように
なっていて、医師免許なしでは取り扱えません。

やはり、火傷をするかもしれないリスクがあるので、
もしもの場合もすぐに治療をしてもらえる医療脱毛クリニックを
選ぶことが大切なのかもしれないですね^^

一般家庭用の脱毛器は上に書いたように、
高性能なものは医師しか扱えないとされているものなので、
やはり、効果は薄いと考えた方がかしこいのかも知れないです。

失敗しないレーザー脱毛クリニックの選び方

コメントを残す

コメント認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このページの先頭へ