高温で長風呂は乾燥肌のもと!

10月も半ば、すっかり秋めいてきました。
そろそろ湯舟に浸かると気持ち良い季節ですね^^

温泉に行ってじっくり浸かりたくなります♪

お風呂に入ると血行が良くなるので、冷え性の方は特に
長く浸かると思います。
お風呂に浸かることで血のめぐりがよくなり、
肌の代謝も高まるので美容にも良いのですが、
間違った温度で入ると大変です!

かえって乾燥肌を招いてしまうんですよ><


乾燥肌を招くのは、高温の温度。
血の巡りを良くしようと思って、ついつい高温で長風呂してしまうと、
肌に必要な脂分まで奪ってしまうことになり、余計に乾燥肌になってしまうんです。

肌を乾燥させないためには、38℃~40℃のぬるめのお湯で
10~15分程度が効果的なんだとか。

バランスの良いところで切り上げないといけないですね。

そして入浴後の水分補給も大切です♪
水分補給は、お肌の潤いの元ですし、
乾燥になれてしまうと、お肌の老化も早まってしまいます。

水分を補給したら、あとは コントロールジェルME で保湿すれば、
ムダ毛対策と潤い対策もばっちりですね^^v

コメントを残す

コメント認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このページの先頭へ